ギリシャ議会に「強硬派」女性議長 警官隊と対峙した過去も

ギリシャ議会に「強硬派」女性議長 警官隊と対峙した過去も - ảnh 1
ゾイ・コンスタンドプールー氏 (写真:matrix24.gr)


(共同) ギリシャ議会は6日、新たな議長に急進左派連合(SYRIZA)の人権派弁護士、ゾイ・コンスタンドプールー氏(38)を選出しました。地元メディアによりますと同国議会の最年少議長で、女性としては2人目です。「強硬派」として知られ、円滑な議事運営ができるのか懸念もあります。

コンスタンドプールー氏は、サマラス前政権が2013年に財政緊縮策の一環として公営放送の閉鎖に踏み切った際、抗議する職員らの先頭に立って警官隊と対峙したエピソードがあります。議会(定数300)で投票した298人のうち、235人の支持を獲得しました。

ご感想

他の情報