クアラルンプールで、ASEANの企業連携会議

(VOVWORLD) -クイン大使は「マレーシアを含め、ASEAN加盟諸国はベトナム企業にとって多くの潜在力がある市場である。在マレーシアベトナム大使館は両国の実業家との連携のため全力を尽くす。」と述べました。

8日、マレーシアの首都クアラルンプールで、「ASEAN=東南アジア諸国連合の企業連携」という会議、及び、「ASEAN経済共同体:ベトナム企業のチャンスと試練」というフォーラムが行なわれました。

会議で、マレーシア駐在ベトナムのレ・クイ・クイン大使は「マレーシアを含め、ASEAN加盟諸国はベトナム企業にとって多くの潜在力がある市場である。在マレーシアベトナム大使館は両国の実業家との連携のため全力を尽くす。これは経済・貿易関係の強化に寄与する」と明らかにしました。

会議で、ベトナムとマレーシアの実業家は地域への参入に関する経験と成功を分かち合いました。国家管理機関、科学者らは地域への参入に関する実業家からの様々な質問に答えました。

ご感想

他の情報