クアンチー省解放40周年記念式典

5月1日、ベトナム中部のクアンチー省ドンハー市で、5月1日の同省開放40周年を記念する式典が開催され、ベトナム共産党政治局のディンテーフイン局員らと中央各機関、省庁、部門の代表の他、ラオスのサバナケット州やサラバン州の指導部なども参列しました。

クアンチー省解放40周年記念式典 - ảnh 1
クアンチー古城記念塔

席上、フィン政治局員はクアンチー古城を守りクアンチー省を解放する40年前の作戦を振り返り、「その勝利はベトナム南部での戦場の局面を一変させ、アメリカ側がベトナムにおける平和に関するパリ協定に調印せざるを得なかったことにつながり、1975年4月30日の偉大な戦勝に大きく寄与したものだ」と強調しました。

一方、同省党委員会のレー・ヒュ・フク委員長は経済社会発展事業に収められてきた同省の成果を紹介し、次のように語りました(テープ)

「この40年間収められてきた成果は重要な意義を持ち、クアンチー省が全国各地とともに新しい時代に入ることに基礎を作り出しました。今後のわれわれの重要な任務は団結精神を発揮し、教育や医療、文化の発展に力を入れることなどです」フク委員長はこのように語りました。

ご感想

他の情報