クイニョンで、国内外の科学者の会合

7月28日から8月17日まで、ベトナム中部のビンディン省クイニョン市で、第9回「ベトナムで集う」という国内外の科学者の会合が開催されており、ノーベル賞物理学者5人を含む30カ国・地域から200人の科学者が参加し、ベトナム人科学者らと交流しています。

これを機に、12日、同市で、国際科学教育会合センターの落成式が開催されました。このセンターは20ヘクタールの敷地内に、会議場、ホテルなどがあります。このセンターの誕生により、クイニョン市は国内外の科学者らの出会いの場になると期待されています。

クイニョンで、国内外の科学者の会合 - ảnh 1
落成式の様子

ベトナム国内外の科学者を結ぶ架け橋として活躍しているチャン・タィン・バン(Tran Thanh Van)教授は次のように明らかにしています。

(テープ)

「このセンターは世界の他の国際科学教育会合センターとともに科学者らが交流し経験交換できる場を作り出します。ここは科学者らにとって最良の施設となります」

同日、第9回「ベトナムで集う」の一環として、「宇宙を見る窓口」と題する科学会議が開幕しました。

ご感想

他の情報