クリミア半島とロシア南部を結ぶ橋が完成

(VOVWORLD)(NHK) -ロシアによって併合されたクリミア半島とロシア南部を結ぶ橋が完成し、プーチン大統領がみずから橋の上でダンプカーを運転して、クリミアは自国の領土だとアピールしました。
クリミア半島とロシア南部を結ぶ橋が完成 - ảnh 1        写真:ロイター

完成したのは、クリミア半島とロシア南部を結ぶ全長19キロの自動車専用道路の橋です。

15日、現地を訪れたプーチン大統領は、みずからダンプカーを運転して、工事車両の車列とともに完成したばかりの橋の上を走行しました。

この橋は、ロシアが4年前、ウクライナからクリミア半島を一方的に併合したあと、日本円にして4000億円余りを投じて建設されることが決まり、来年12月には同じ区間で鉄道も開通する予定です。

クリミア半島とロシア南部は、これまで主にフェリーで結ばれてきましたが、道路の完成で、今後は天候に左右されることなく移動できるようになります。

工事関係者を前に演説したプーチン大統領は「すばらしい成果だ。クリミアはより力強くなり、われわれの結束は一段と強まる」と述べ、クリミアは自国の領土だと改めてアピールしました。

これに対し、ウクライナのポロシェンコ大統領はSNSへの投稿で、「橋の違法な建設は、ロシア政府が国際法を軽視している証拠だ」として強く反発しています。

ご感想

他の情報