ケニア:テロと最後まで戦い抜く


東アフリカのケニアで大学が襲撃され、学生など148人が殺害された事件で、ケニアの隣国ソマリアを拠点にしているイスラム過激派組織「アッシャバブ」は4日、「ケニアの都市は血に染まるだろう」と大学の襲撃に続く新たな犯行を予告しました。予告では、「いくら警戒しても襲撃は阻止できない」などとしています。

ケニア:テロと最後まで戦い抜く - ảnh 1
ケニア大統領

これに対して、ケニアのケニヤッタ大統領は過激派組織と断固として戦う姿勢を強調しました。「アッシャバブ」の予告が出されたただ数時間後のテレビ演説で、ケニヤッタ大統領は「テロと最後まで戦い抜く。攻撃に対して政府は最も激しい手段で応じると約束する」と述べました。

また、同大統領は事件の犠牲者を追悼するため3日間を喪に服す期間にすると発表しました。ケニア当局¥は事件に関与したとして大学の警備員を含む5人の身柄を拘束しており、新たなテロを防ぐためにも事件の全容解明を進めるとしています。

ご感想

他の情報