ケニア大学襲撃事件 実行犯の1人は地方政府幹部の息子


ケニア東部で起きた大学襲撃事件で、ケニア内務省は5日、現場で射殺された実行犯4人のうちの1人が、ソマリアとの国境に近い北部マンデラ郡の長官の息子だったと発表しました。

ケニア大学襲撃事件 実行犯の1人は地方政府幹部の息子 - ảnh 1
ケニア兵士(写真:24h.com.vn)

キリスト教徒の大学生ら148人が犠牲になったこの襲撃事件については、ソマリアに拠点を置くイスラム過激派組織「アルシャバーブ」が犯行を声明を出していて、ケニア当局は、首謀者とされるケニア人の男の行方を追っています。

 

ご感想

他の情報