ケニア 大学で銃乱射 学生147人死亡

ケニア 大学で銃乱射 学生147人死亡 - ảnh 1


(NHK) 東アフリカのケニアで、武装グループが、大学のキャンパスに押し入って銃を乱射し、これまでに147人の学生が死亡しました。

ケニアの治安当局は、武装グループの4人を射殺し、隣国ソマリアに拠点を置くイスラム過激派組織の犯行とみて調べています。ケニア東部のガリッサにある大学のキャンパスで、現地時間の2日午前5時半ごろ、押し入った武装グループが銃を乱射し、その後、学生寮の中に侵入して、一時、立てこもりました。

現地からの報道によりますと、この大学には800人余りの学生が在籍しているということで、ケニアの治安当局は声明を発表し、この銃撃で、これまでに学生147人が死亡し、79人がけがをしたことを明らかにしました。

現場では、治安部隊が突入作戦を行い、武装グループの4人を射殺して、制圧したとしています。この銃撃について、隣国ソマリアに拠点を置くイスラム過激派組織「アッシャバーブ」は、2日、メディアを通じて犯行声明を出し、イスラム教徒の学生は解放し、キリスト教徒だけを殺害したとしています。ケニアの治安当局は、大学を襲撃した武装グループが「アッシャバーブ」のメンバーとみて詳しく調べています。

ご感想

他の情報