コメの輸出に明るい兆し

(VOVWORLD) -農業農村開発省によりますと、年末の数ヶ月に、ベトナムの米の輸出契約件数は著しく増加しています。

これは、明るい兆しであり、ベトナム食糧協会が今年の米の輸出量の見通しを520万トンを560万トンに上方修正する基礎とされています。

一方、ベトナム食糧協会のフィン・テェ・ナン会長によりますと、この9ヶ月、全国の米の輸出量は、昨年同期と比べ21%増にあたる457万トンに達し、輸出額について18%増になっているということです。

商工省は、年末までに、フィリピンやバングラデシュなど幾つかの国が引き続きベトナムからの米を輸入することから、ベトナムの米の輸出活動は安定になるだろうとの予測を明らかにしました。

アジア地域における米の主要な生産5カ国の一つであるベトナムは、今年、およそ4400万トンの米を生産する予定です。

ベトナムは、今後、輸出用の米の質的向上に集中的に投資を行う計画です。

ご感想

他の情報