サウジ主導のイエメン空爆が終了 政治解決へ

サウジ主導のイエメン空爆が終了 政治解決へ - ảnh 1
(写真:baomoi.com)

サウジアラビアが主導する中東各国の有志連合軍は21日、イエメンのイスラム教シーア派武装組織「フーシ派」に対する空爆作戦を終了しました。サウジの国営テレビが伝えた。新たな作戦では政治的な解決策を重視しました。

イエメンではフーシ派が首都サヌアなどを占拠し、親米派のハディ暫定大統領を追放。これに対してサウジ主導の有志連合軍が3月末以降、同国各地で フーシ派拠点への空爆作戦を実施していました。サウジ当局者らは今月、サヌア市内の主要施設などフーシ派支配下の軍事拠点を弱体化させることに成功したと話し ました。またサウジ軍の報道官は、空爆作戦が「優れた計画と正確な実行、兵士らの勇気」によって目標を達成したと強調しました。

 

ご感想

他の情報