サッカーW杯 ベルギーがブラジル破りベスト4進出

(VOVWORLD) (NHK)-サッカーワールドカップロシア大会の準々決勝、ブラジル対ベルギーはベルギーが2対1で勝ち、8大会ぶりのベスト4進出を決めました。

ブラジルはエースのネイマール選手を中心とした攻撃だけではなく、ここまで4試合で1失点と堅い守りも光ります。

ベルギーは出場チームで最多の12得点を挙げている攻撃陣が好調です。
両チームの対戦は6日、カザニで行われました。ベルギーは前半13分にコーナーキックから相手のオウンゴールで先制します。さらに31分にベルギーは得意のカウンター攻撃からミッドフィルダーのデブルイネ選手がミドルシュートを決めて追加点を奪い、2点をリードして前半を折り返しました。
攻めあぐねてきたブラジルは後半31分、途中出場したレナトアウグスト選手がヘディングシュートを決めて1点を返しました。ベルギーはこのままリードを守り2対1で勝って1986年のメキシコ大会以来、8大会ぶりの準決勝進出を決めました。ブラジルはベルギーの3倍を超える26本のシュートを打ち相手ゴールに迫りましたが決定力を欠きました。
ベルギーは日本時間の11日、準決勝でフランスと対戦します。準々決勝でブラジルとウルグアイが敗れて南米勢は大会から姿を消しました。


関連ユース

ご感想

他の情報