サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、ベトナム代表団の活動

(VOVWORLD) -5月24日から26日にかけて、ロシアのサンクトペテルブルクで、第22回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムが開催されています。

24日の開幕式で、ベトナム共産党中央経済委員会のグェン・バン・ビン委員長は開幕演説を行い、その中で、140カ国から数万人の代表にベトナムの潜在力を紹介しました。ビン委員長は「2017年のベトナム経済は著しい成長を見せた。2018年の第1四半期の経済成長率は7.38%に達した。世界経済が多くのリスクに直面している背景の中においても、 ベトナムは自由貿易とグローバルな参入への支持を公約する。今回のフォーラムは、ベトナムと他の国々が協力関係を拡大させるための重要な出来事である。」と強調しました。

ビン氏は次のように語っています。

(テープ)

「『信頼できる経済づくり』をテーマにした今回のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムは、世界経済が克服しつつ背景の中で行われました。しかし、その背景には多くの地域における保護貿易主義や、地政学的な緊張が高まっていることによるリスクが存在していることから、各国間、企業間、政府と国民との信頼醸成は、包摂的かつ持続的な世界経済成長の推進に向けた重要な土台になります。」

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、ベトナム代表団の活動 - ảnh 1 ベトナムの代表団とAIIBの指導者との会合の様子

なお、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムへの出席にあわせて、24日、ビン委員長が率いるベトナム共産党代表団は、AIIB=アジアインフラ投資銀行やロシア国営エネルギー会社「ガスプロム」の指導者と個別会合を行いました。

ご感想

他の情報