サン主席、フン神社遺跡で線香を手向ける


24日午前、北部フート省にある国の特別な史跡地区フン神社で、チュオン・タン・ サン国家主席は線香を手向ける儀式を行いました。

サン主席、フン神社遺跡で線香を手向ける - ảnh 1


その際、サン主席は植樹運動を開始させました。この席で、サン主席は「毎年のテトに行なわれる植樹運動はベトナム国民の素晴らしい習慣の一つである。この数年間、この運動は多大な成果を収めてきた。森林の保護と発展は幅広く展開され、環境保護と経済社会発展に積極的に寄与してきた」と強調しました。

サン主席は次のように語りました。

(テープ)

「全国民に、植樹、植林、森林保護、森林伐採防止対策に積極的に参加するよう呼びかけます。これはホーチミン主席の遺言に従う行動であり、経済発展、貧困解消、生活の質的向上、環境保全に寄与するのです。」

ご感想

他の情報