サン主席、国外在留ベトナム人の代表と懇親

サン主席、国外在留ベトナム人の代表と懇親 - ảnh 1
 

8日、チュオン・タン・サン国家主席率いる共産党、政府、および、ホーチミン市の指導者はホーチミン市の民族文化歴史公園におけるベトナム建国の祖フン王をしのぶ記念塔に線香を手向けました。

その後、サン主席は母国ベトナムで旧正月テトを過ごせるため一時帰国する国外在留ベトナム人の代表40人と懇親会を行いました。懇親会で、アメリカ在留ベトナム人チャン・ティ・タイン・フォン女史は次のように語りました。

(テープ)

「党と政府の指導者は世界各国に在留しているベトナム人が母国ベトナムでこのような懇親会に参加するため、有利な条件を作り出します。これは国外在留ベトナム人の間の団結を強化します。このイベントがホーチミン市で開催されたのは今回が初めてです」

8日夜、ホーチミン市ニャロン港で、「故郷の春2015・栄光の祖国」と銘打った芸術交流会が行われ、ベトナムの有名な芸術家が出演しました。

ご感想

他の情報