サン主席、国防学院を訪問

サン主席、国防学院を訪問 - ảnh 1

7日午前、チュオン・タン・サン国家主席は国防学院を訪れ、第57回国防・安全保障の知識に関する研修会の参加者と懇親しました。この研修会は中央各省庁、機関、部門や中央直轄の各地方の指導者を対象として開催されたものです。

席上、サン主席は「祖国の独立、主権、統一、海と島の領土保全は不可侵のものである。代々の国民は祖国の領有権を保護する責任があると強調しました。また、サン主席は経済を発展させるためには平和かつ安定した環境を確保する必要があると言明するとともに、党と国家が打ち出した各任務を分析し、その中で底力の発揮、外部からの試練の解決、国際社会の支援の活用、民族と時代の力の結合を取り上げました。

ご感想

他の情報