サン国家主席,クアン・ニン省訪問

5日と6日の両日、ベトナムのチョン・タン・サン国家主席は北東部にあるクアン・ニン省を訪れました。5日午後、サン主席はバンザン石炭株式会社の労働者の住宅地を訪れました。この席で、サン主席は同社の取り組むを高く評価するとともに、石炭輸出税、石炭価格、石炭採掘の技術改良、環境保護などの問題に関する労働者の質問に答えました。

サン国家主席,クアン・ニン省訪問 - ảnh 1




一方、6日午前、サン国家主席はベトナム石炭鉱物グループ所属機械製造株式会社を訪れ、同社の幹部、および、労働者と会合を行いました。サン主席は労働者の生活水準の向上に対する同社の努力を高く評価するとともに、労働者の収入改善のためさらに取り組むよう要請し、次のように語りました。(テープ)

「最も喜ばしいことは会社の労働者の職業能力がかなり高く、安定した居住地があるということです。しかし、会社の指導者は労働者の収入改善のため工夫を凝らす必要があります。共産党と政府はこのことに配慮しますが、まず会社の指導者はこのことを考えなければなりません」 

サン国家主席はこのように語りました。

ご感想

他の情報