サン国家主席、世界労連書記長と会見


5日、ハノイで、チュオン・タン・サン国家主席は、5日から6日にかけてハノイで開催中のWFTU=世界労働組合連盟いわゆる世界労連の会議に出席するためベトナムを訪問中の同連盟のジョージ・マブリコス書記長と会見しました。

サン国家主席、世界労連書記長と会見 - ảnh 1
サン主席と世界労連の代表団(写真:Nguyen Khang)

席上、サン主席は世界労連がベトナムを会議を開催するための場所として選んだことを高く評価し、「これはベトナム国民と労働者にとって大きな励ましになる」と語りました。

また、ベトナム労働総連盟と世界労連との良好な関係を高く評価した上で、「今後も、世界の労働者運動の発展や、平和、繁栄、安定、環境保全、軍縮、労働者の権利保護などへ向けて、この関係が強化されていくよう」希望を表明しました。

一方、マブリコス書記長は世界労連とベトナムとの緊密な関係を高く評価するとともに、「今後もベトナムがさらに経済社会発展事業と国際社会への参入事業で多大な成果を収めていく」との確信を表明しました。

 

ご感想

他の情報