サン国家主席、司法改革中央指導委員会第22回会議を主宰


18 日、ハノイで行なわれた司法改革中央指導委員会第22回会議で、チュオン・タン・サン国家主席は「司法活動における不正防止対策提案書」について触れ、「この提案書は司法部門にとって重要で、司法活動における不正の状況を詳細に指摘・分析した上で、効果的な対策を見出す必要がある」と述べました。

サン国家主席、司法改革中央指導委員会第22回会議を主宰 - ảnh 1
(写真:VNA)

また、人民裁判所と人民検察院に対し、提案書に関する意見を収集し、提案書を改正するよう求めました。

そして、「提案書の重要な内容の一つとして不正に対する 司法部門関係者の認識教育を組み入れる必要がある」との考えを示しました。

 

ご感想

他の情報