サン国家主席、第7軍管区を訪問

サン国家主席、第7軍管区を訪問 - ảnh 1
砲兵旅団75号を訪問のサン主席(中央白シャツ)(写真:TTXVN)

28日午前、第7軍管区を訪問中のチュオン・タン・サン国家主席は、南部ドンナイ省にある砲兵旅団75号、及びホーチミン市クーチ県にあるザディン中隊を訪問しました。

砲兵旅団75号は1960年1月26日に設立されました。抗米救国闘争中に、同旅団は幾つもの重要な作戦を行いました。砲兵旅団75号との幹部、兵士との話し合いで、サン国家主席は次のように語りました。

(テープ)

「我々の先輩方は『国が平和になっていても、困難な時が来るかもしれないから覚悟をしなければならない。』と教えました。私たちは祖国の建設と防衛事業を実現しています。この任務を全うする為に、平和な時代におけるそれぞれの幹部と兵士は、専門と業務を練磨し、戦闘の勢いを備え、英雄的な砲兵旅団75号に値するよう努力しなければなりません。」

一方、ザディン中隊の幹部と兵士との懇親会で、サン国家主席は「55年にわたるザディン中隊は設立当初はわずか10人の戦士だけでしたが、絶え間なく発展し、激しい戦争において敵を失敗させ、ベトナム人民軍の最優秀な中隊となりました。その不屈で勇敢な精神は平和な時代においても継承、発揮されるべきだ。」と語りました。

ご感想

他の情報