ジカウイルスと小頭症の関連に証拠、神経前駆細胞を損傷 米研究

中南米を中心に感染が拡大しているジカウイルスについて、新生児の先天異常である小頭症との生物学的な関連性の証拠を初めて発見したと、米ジョンズホプキンス大学細胞工学研究所などの研究チームが4日、発表しました。実験で、ジカウイルスが脳の発達に関連する主要細胞を攻撃し、破壊または無能化することが確認されたといいます。

ジカウイルスと小頭症の関連に証拠、神経前駆細胞を損傷 米研究 - ảnh 1
(写真;ローター)

研究を共同で主導した同研究所のグオ・リー・ミン教授(神経学)によれば、蚊が媒介するジカウイルスと小頭症の関連性を示すものはこれまで状況証拠しかありませんが、今回、実験で初めて証拠が見つかりました。感染拡大地域では、脳と頭部が異常に小さい新生児の大脳皮質に異常が確認されたほか、胎児の組織からジカウイルスが発見されているといいます。

実験では、3種類のヒト細胞をジカウイルスと一緒に試験管に入れました。このうち1種は、脳神経細胞となる前段階のヒト神経前駆細胞で、胎児の大脳皮質の発達に重要な役割を果たします。実験では、この神経前駆細胞に、小頭症が引き起こす脳の先天異常と同様の損傷がみられたといいます。

ジカウイルスの攻撃を受けたヒト神経前駆細胞は、実験開始から3日以内に9割がウイルスに感染し、3分の1近くが死滅しました。また、感染した神経前駆細胞はハイジャックされた状態となり、新たに大量のウイルス細胞をコピー作成しました。さらに、通常ウイルスと闘う役割を果たす遺伝子が機能しないという異常現象も確認されました。

一方、実験では幹細胞と神経細胞も使われましたが、ウイルスの影響はヒト神経前駆細胞と比較するとほとんどなかったといいます。

 

 

ご感想

他の情報