ジャカルタポスト、ベトナムを高く評価する記事を掲載

4月30日のベトナムの戦勝の日に当たり、インドネシアの新聞ジャカルタポストは「数多くの試練から新興するベトナム」と題する記事を掲載し、その中、「ベトナムは『トラ』ではないかもしれないものの、『アジアの新しいライジングスター』となっている」と強調しています。

ジャカルタポスト、ベトナムを高く評価する記事を掲載 - ảnh 1

また「世界的な経済危機の最中にも、ベトナムは経済成長率を2010年に6・8%に、そして、2011年に5・89%に維持できた」と評価しました。

さらに、同記事は「世界各国の友人になる用意がある」というベトナムの全方位外交路線を讃えた上で、「1986年から始まったドイモイ刷新事業により、ベトナムは様々な成果を収め、外国人投資家を魅了しており、その結果、2011年にベトナムは116億ドル相当のFDI=外国直接投資を誘致できた」としています。

ご感想

他の情報