シャングリラ会合が閉幕、 各国が中国国防部長の発言に注目

(VOVWORLD) -5月31日から6月2日にかけて、第18回シャングリラ会合がシンガポールで開催されました。

約40カ国の国防部長・軍高官・専門家・学者らが出席し、アジア太平洋地域の重要安全議題をめぐり議論しました。

中国の魏鳳和国務委員兼国防部長は2日午前に「中国と世界の安全協力」という議題について発言し、人類運命共同体の構築を推進する中国側の努力を重点的に紹介しました。また中国が揺るぎなき姿勢で平和的発展の道を歩み、防御中心の国防政策を推進していること、それから中国軍が世界の平和と安定に積極的に貢献していることを十分に説明しました。魏氏の発言の要旨は下記の通りです。

現在の世界は百年に一度の大変動を迎えており、不確実かつ不安定な要素と課題が増えています。中国が打ち出した人類運命共同体という理念は「大道は至りて簡し」で、世界の人々が調和的に共生し、世界的な問題を効果的に解消する正しい選択です。また世界の平和と安定、人類の繁栄と発展を実現する正しい道です。

ご感想

他の情報