シリア内戦関与、プーチン氏「世界を守る」 米ロの代理戦争の声も

シリア内戦関与、プーチン氏「世界を守る」 米ロの代理戦争の声も - ảnh 1
(写真:AP)


シリア国内への空爆を続けるロシアのプーチン大統領は13日、同国のシリア内戦への関与が世界をテロから守るのに貢献しているとの認識を示しました。一方、シリアでは同日、首都ダマスカスにあるロシア大使館付近で、ロシア支持派の集会の開催中に迫撃砲弾2発が着弾する攻撃がありました。

ロイター通信によれば、プーチン大統領はモスクワで行われた投資会合で、「我々はシリアでいかなる主導権を握ろうともしていない。シリアが持てる指導者は一人だけで、それはシリア国民だ」「我々の目的はテロとの戦いに貢献することだ。テロの危険性はアメリカやロシア、欧州諸国、そして全世界に及ぶといっても過言ではない」と述べました。

ロシアは2週間前、シリアでの空爆を開始していました。アメリカ国防省のスティーブ・ワーレン報道官は13日、ロシアの空爆について「無謀で無差別、無責任だ」と述べました。ISISを標的とした空爆は「ほんの一部に過ぎない」とする認識も示しました。

ご感想

他の情報