シリア内戦 ロシアが大統領選実施の和平提案か

シリア内戦 ロシアが大統領選実施の和平提案か - ảnh 1
アサド大統領(写真:ロイター)



(NHK) 内戦が続くシリア情勢の打開に向けて、アメリカとロシア、それにトルコとサウジアラビアの4か国は、先週、外相会談を行いましたが、アサド政権への対応を巡って立場の隔たりは埋まりませんでした。

この外相会談について、イギリスのロンドンに拠点を置くアラビア語の新聞、シャルク・アウサトは、24日、ロシアが、和平案を提案していたと伝えました。それによりますと、和平案ではまず、「穏健な反政府勢力」として欧米などが支援してきた自由シリア軍と政府軍が戦闘を停止します。

そして、1年3か月から1年半をめどに議会選挙と大統領選挙を実施して政権を樹立し、その後、自由シリア軍を政府軍に統合させるとしていて、この大統領選挙に、アサド大統領が立候補する可能性を残しています。シリアの内戦終結に向けた取り組みとしては、これまでにも、国連の仲介でアサド政権と反政府勢力が協議を行う機会などがありましたが、暗礁に乗り上げていました。

先週外相会談を行った4か国は、今週、再び協議を行う予定で、伝えられたロシアの和平案に当事者や各国がどのような反応を示すか注目されます。

ご感想

他の情報