シリア北西部で続く空爆と戦闘、衛星写真に破壊の跡

(VOVWORLD) - シリア反体制派の最後の拠点、北西部イドリブ県でアサド政権軍による空爆や戦闘が続いています。

国連のウルスラ・ミュラー事務次長補は28日、安全保障理事会で市民の保護を訴えました。

今月20~26日に撮影されたイドリブの衛星写真には、建物が焼け焦げ、道路にがれきが散乱し、あちこちから煙が立ち上る街の様子がはっきりと写っています。

ミュラー氏によりますと、ここ数週間だけで市民160人が死亡し、27万人が家を追われました。病院や学校、市場への攻撃も相次いでいます。

同氏は安保理で「今の問題はイドリブの市民を守るために何をするかだ」と訴えました。

現地で活動する救助ボランティアの市民団体「シリア民間防衛隊(通称・ホワイトヘルメッツ)」によりますと、イドリブ県南西部では28日、4回の空爆で子ども7人を含む13人が死亡、少なくとも51人が負傷しました。

イギリスに本部を置く「シリア人権監視団」は声明で、県内農村部の町や村で28日に149回の空爆があり、数十人の死傷者が出たと述べました。

一方、SANA=国営シリア・アラブ通信によれば、シリア政府は同日、軍がイドリブ県内の数カ所で「テロ集団」を攻撃し、多数のテロリストが死亡または負傷したと発表しました。

ロシア軍の支援を受ける政権軍は、先月からイドリブ周辺の空爆を強化しています。米当局者らは、イドリブに残る反体制派の多くが国際テロ組織アルカイダ系の過激派にかかわるグループだとする一方で、市民の被害を懸念しています。国連も多数の死傷者が出ていることに懸念を示しています。

ご感想

他の情報