シリア南部、反体制派が支配していた8つの町が政権側に ロシアが交渉仲介

【AFP】シリア南部ダルアー県で6月30日、反体制派が支配していた少なくとも8つの町が、ロシアが仲介した交渉によって政権側に明け渡されました。イギリスに拠点を置くNGO「シリア人権監視団」が明らかにしました。

シリア南部、反体制派が支配していた8つの町が政権側に ロシアが交渉仲介 - ảnh 1         (写真:AFP)

ロシアが支援しているシリアのバッシャール・アサド政権軍は6月19日から、隣国ヨルダンとイスラエル占領地のゴラン高原に接する戦略的に重要なシリア南部を奪還すべく、この地域に激しい空爆を行う一方で降伏を呼び掛けています。

シリア人権監視団によりますと、一連の攻撃によってダルアー県内で政権側の支配下にある地域は同県の面積の30%程度から6月30日現在で50%を超える水準にまで拡大しました。同監視団のラミ・アブドル・ラフマン代表は、それぞれの町でロシア軍高官、地元有力者、残存している反体制勢力の間で交渉が行われた結果、同県内の8つの町が政権側に明け渡されたと述べました。

シリア政権側は国内各地で激しい空爆と地上戦を行い、反体制派支配地域を奪還しています。「和解」と呼ばれているダルアー県での一連の協定は国内各地で結ばれている同様の協定の最新のものです。政権側が押しつけるこれらの協定は、反体制派戦闘員に重火器を引き渡させ、退去を望む者はバスでシリア北部の反体制派支配地域に向かわせるという内容のものが多いです。

政権軍は30日もダルアー県内の別の場所への空爆を続け、少なくとも15人の民間人が犠牲になりました。

ご感想

他の情報