シリア和平交渉、 捕虜釈放や人道支援を協議

シリア和平交渉、 捕虜釈放や人道支援を協議 - ảnh 1
シリアの反体制派「国民連合」(写真ロイター)

26日、スイスのジュネーブで、シリアのアサド政権側と反体制派「国民連合」の代表団が国連とアラブ連盟のブラヒミ合同特別代表を仲介役にして、和平協議を開き、捕虜や拉致された人物の釈放問題について討議しました。

ブラヒミ氏は、当事者を集めた初の協議は良い出足になったと評価。26日の協議の焦点はになるともしました。

また、同氏と国民連合の報道担当者によると、25日の会合では政権側が食糧や医薬品などの人道支援物資の往来を認める「回廊」を1カ所で開通させる 計画が話し合われました。この種の回廊は数カ所で検討されていますが、最初に、1カ月間の包囲を受け住民らが飢餓状態にあるともされる中部ホムスに通じるルート が想定されています。

ご感想

他の情報