シリア対応 米英仏が引き続き協議

(NHK)アメリカのトランプ大統領は、シリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃があったことをめぐり、イギリスのメイ首相やフランスのマクロン大統領と協議を重ねるとともに情報の詳しい分析を行い、引き続き対応の検討を進めています。

シリア対応 米英仏が引き続き協議 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

アメリカのトランプ大統領は12日、ホワイトハウスにマティス国防長官ら国家安全保障会議のメンバーを集め、シリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃によって多数の死傷者が出たことへの対応を協議しましたが、軍事的な選択肢も含め、最終的な結論には至りませんでした。


ホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は引き続きイギリスのメイ首相やフランスのマクロン大統領と対応を協議するとしていて、イギリス政府によりますと、両首脳は12日の電話会談で、アサド政権によるさらなる化学兵器の使用を抑止するため各国の協調した対応に向けて緊密に連携していくことを確認したということです。

これに先立って、マティス国防長官は12日、議会の公聴会で「化学兵器による攻撃があったと信じており、実際の証拠を探している」と述べました。

トランプ大統領は、シリアのアサド政権が化学兵器を使ったという見方を示していますが、アサド政権やその後ろ盾のロシアは「でっちあげだ」などと強く反発していて、トランプ政権として同盟国と協議を重ねるとともにさらなる情報の収集と詳しい分析を行い、引き続き対応の検討を進めています。

ご感想

他の情報