シリア政府軍、中部パルミラをISISから奪還

シリア政府軍、中部パルミラをISISから奪還 - ảnh 1
(写真:CNN)

(CNN) シリアの国営メディアによりますと、同国の政府軍は27日、昨年から過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に支配されていた中部パルミラを奪還しました。

中東メディアのアルイフバリヤの報道によりますと、軍は政府系民兵組織と協力してパルミラを制圧し、ISISの戦闘員らを追放しました。国営シリア・アラブ通信(SANA)は軍司令官の話として、奪還作戦ではロシア空軍が中心的な役割を果たしたと伝えています。

ISISは昨年5月にパルミラを占拠しました。世界的に大きな価値のある遺跡を相次いで破壊し、その画像を公開しました。遺跡の保護に携わっていた専門家も殺害しました。

政府軍は先週、パルミラの城砦を奪還し、ISISの潜伏先を破壊しました。ISISの戦闘員らは次々に逃走していました。国営メディアによりますと、政府軍は市内へ進攻してISISが残した爆弾を解体し、27日までに市全域を掌握しました。また、シリア国営テレビによりますと、ISからパルミラを奪還したことを受けて、アサド大統領は「パルミラの解放は、テロとの戦いにおける戦略の成功を示している」と述べ、成果を強調しました。

ご感想

他の情報