シリア移行政権8月までに樹立へ米ロ合意、新憲法草案も

シリア移行政権8月までに樹立へ米ロ合意、新憲法草案も - ảnh 1
(写真:reuters)

【モスクワ共同】24日、ロシアのプーチン大統領と米国のケリー国務長官は、シリア和平をめぐりモスクワで会談、8月までに移行政権を樹立し、新憲法の草案を策定する方針で合意しました。ケリー氏がロシアのラブロフ外相との共同記者会見で明らかにしました。

シリアで停戦がおおむね維持され、ロシアが主要戦力を撤収したことを受け、難航するジュネーブでの和平交渉に弾みをつける狙いがあります。

ウクライナ情勢では、親ロシア派が実効支配する東部に大幅な自治権を付与することで武力紛争を収拾する和平合意の推進で一致しました。シリア、ウクライナの危機打開を通じて、米ロ関係を改善する方針も確認しました。

ご感想

他の情報