ズン副首相 第7号台風対策会議を主宰

(VOVWORLD) - 台風とその関連の災害を見極めたうえで、国民の命と財産への被害を最大限に抑えるような措置をとる必要があります。
ズン副首相 第7号台風対策会議を主宰 - ảnh 1会議で発表しているズン副首相

27日午前、ハノイで、ズン副首相の主宰の元、第7号台風対策会議が開かれました。

会議で、ズン副首相は、第7号台風が北部に接近しているのを受け、関連各地に対し、住民の避難、家屋や堤防の補強、食料品と薬品の備蓄などを強化するよう求めました。

また、山岳地帯の長期的な自然災害予防対策として、森林保護や居住地の再配置などに関する具体的な計画を立案するよう関連各省庁に要請しました。ズン副首相は次のように語りました。

(テープ)

「台風とその関連の災害を見極めたうえで、国民の命と財産への被害を最大限に抑えるような措置をとる必要があります。また、クアンニン省のハロン湾や、ハイフォン市のカットバ島を始め、台風が直接襲う地方での船の安全を保障しなければなりません。また、洪水に襲われる恐れがある地方は危険なところから住民を避難する計画を徹底的に展開しなければなりません。」

このように語ったズン副首相は、国家救難捜索委員会に対し、各地方を支援する態勢を整えるよう求めました。

ご感想

他の情報