ズン首相、クァンチ古城の兵士協会の代表と会見

7日午後、ハノイで、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は1972年のアメリカ帝国主義者との戦争中、中部にあるクァンチ古城の戦場で戦っていた兵士協会の代表と会見しました。

会見でズン首相は「党、国家、国民は国家防衛建設事業に対する復員軍人、中でもクァンチ古城の兵士協会の重要な貢献を高く評価する」と強調しました。

また、ズン首相は同協会の会員らに対し、今後も団結と相互支援を継続し、戦争中に行方不明となった同志の捜索に励み、ベトナム復員軍人協会の諸活動に積極的に参加するよう希望を表明しました。

 

ご感想

他の情報