ズン首相、スウェーデン国会議長と会見

ズン首相、スウェーデン国会議長と会見 - ảnh 1
写真:VGP/Nhat Bac

1日午後、ハノイで、グエン・タン・ズン首相はIPU=列国議会同盟の第132回総会に出席した際、ベトナムを訪問中のスウェーデンのウルバン・アーリン国会議長と会見しました。席上、ズン首相は「ベトナムとスウェーデンとの協力関係を両国の潜在力と期待に見合うものにするため、新たな発展段階に押し上げたい意向があると強調しました。また、経済、貿易、投資分野での協力の傍ら、気候変動や海面上昇への対応や保健、法治国家の建設分野でも協力を強化し、多国間や国際場裏で支持し合う必要があるとの見解を示しました。

一方、ウルバン・アーリン国会議長は「スウェーデンはベトナムとの経済、貿易、投資分野での協力を強化したい。また、ベトナムとEU=欧州連合とのFTA=自由貿易協定の早期締結を支持する」と明らかにしました。また、アーリン議長は両国が国際場裏や国連の各機関への立候補を互いに支持するよう要請しました。

同日、ズン首相は在ベトナムロシア大使館のバシリエビッチ大使と会見した際、ベトナムはロシア、カザフスタン、ベラルーシ3カ国の関税同盟との自由貿易協定の交渉に取り組んでいると明らかにするとともに、バシリエビッチ大使に対し、同協定の早期締結を働きかけるよう要請しました。一方、バシリエビッチ大使は自分の任期で、ロシア首相が委託した任務の完遂に取り組むと確約しました。

ご感想

他の情報