ズン首相、第1ヴンアン火力発電所の落成式に出席


17日、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は、中部ハーティン省にある第1ヴンアン火力発電所の落成式に出席しました。

ズン首相、第1ヴンアン火力発電所の落成式に出席 - ảnh 1
第1ヴンアン火力発電所の落成式


投資総額12億5千万ドルのこの発電所はベトナム最大の発電所となりましたが、設計から施工までの全てを、ベトナム石油グループやベトナム機械装置公社などベトナム国内の企業が担当してきました。

落成式で、ズン首相は、ベトナム政府は外国投資を誘致しながら、国内企業の成長を支援して国の工業化と現代化の事業を進めていると明らかにしました。また、ベトナム石油グループやベトナム機会装置公社に対し、これからも、国内調達率を高めると共に、質の高い建設工事を完成するよう求めました。そして、ズン首相はハーティン省に対し、第1ヴンアン発電所が立地しているヴンアン経済区の強みを発揮してこの経済区を中部の発展の原動力にするよう要請しました。

同日、ズン首相は、台湾のフォルモサグループがヴンアン経済区で投資している発電所の第1発電機の落成式にも出席しました。これに先立ち、ズン首相はハーティン省の指導部と会合を行ない、同省の経済社会状況について話し合いました。


ご感想

他の情報