ソン外務次官、SPと印を訪問

(VOVWORLD) - 21日と22日の両日、ベトナムのブイ・タイン・ソン外務次官はシンガポールとインドを訪問しました。

シンガポールを訪問期間中、ソン外務次官はシンガポールのモハマド・マリキ・ビン・オスマン国防担当兼外務担当上級国務大臣と会見を行いました。会見で、双方は両国外交関係樹立45周年記念活動や国防・安全保障、地域と国際場裏における協力を強化することで一致しました。また、双方は経済、貿易、投資、観光、科学技術、教育養成などの分野において協力を推進していくとしています。

一方、インドを訪問中、ソン外務次官はインドの商工大臣、国務大臣、国家安全保障の副顧問らと会見を行いました。これらの会見で、双方は国防安全保障分野における協力の強化、国連、ASEM=アジア欧州会議、ASEAN=東南アジア諸国連合とインドとの対話など国際場裏において互いに支持しあうことで一致しました。

なお、近年、両国間の取引総額が急増しています。2017年の総額は76億ドルにのぼりましたが、両国は2020年をめどに、この数次を150億ドルにするという目標の遂行のため、全力を尽くしています。

ご感想

他の情報