タイのインラック前首相を起訴 弾劾に続き職務怠慢罪

タイのインラック前首相を起訴 弾劾に続き職務怠慢罪 - ảnh 1
写真:Reuters

(朝日)タイ検察当局は19日、インラック前首相を職務怠慢などの罪で最高裁判所政治職者刑事訴訟部に起訴しました。有罪となれば最高で禁錮10年となります。

インラック氏は1月に暫定議会で弾劾され、5年間の被選挙権剝奪が決まったばかりです。同氏は昨年5月に別の事件での憲法裁判決で失職し、その後のクーデターで憲法自体が破棄されたことなどから、タクシン元首相派はタクシン派排除を狙った政治的な動きだとの批判を強めています。

検事総長事務局によりますと、インラック氏が首相在任中、国家財政に損失を与えた事実上のコメ買い上げ制度を廃止しなかったことが職務怠慢にあたるとしています。

インラック氏は弾劾による被選挙権剝奪で、来年早々にも予想される民政移管の総選挙に立候補できなくなりました。同氏の人気はいまも高く、タクシン派には打撃です。これに刑事訴追で禁錮刑などが決まれば、インラック氏は政治的に葬られるかたちになる、との見方が広がっています。

ご感想

他の情報