タイ 洞窟で遭難の少年らに国籍与えられる

(VOVWORLD)(NHK) -タイ北部の洞窟で遭難し、先月救出された地元サッカーチームの少年とコーチのうち、国籍を持たない4人に8日、タイの国籍が与えられました。少年たちにはヨーロッパなどからサッカー観戦の招待状が届いていましたが、無国籍ではパスポートの取得が難しいことから、タイ政府の対応が注目されていました。
タイの国籍が与えられたのは、少数民族出身などのためこれまでは国籍を持っていなかったアドゥン・サムオンさんなど少年3人と、コーチのエーカポン・チャンタウォンさんの合わせて4人です。

タイ北部チェンライ県で8日、式典が開かれ、国籍が与えられたことを示すIDカードが一人一人に手渡されました。

世界が注目するなかで救出された少年たちには、ヨーロッパのビッグクラブなどからサッカー観戦の招待状が届いていましたが、無国籍ではパスポートの取得が難しいことから、タイ政府の対応が注目されていました。

タイでは、国境地帯の少数民族を中心に50万人近い無国籍の人たちが暮らしていて、居住が許されている一方で、移動や就職などに制限を受けています。

少年たちの一部が国籍を持っていないことがわかると、タイ国内では無国籍の問題に社会的な関心が高まり、少年たちをはじめ多くの人々に国籍を与えるべきだという世論が強まっています。
関連ユース

ご感想

他の情報