タイ、5年ぶり民政復帰=新政権発足、軍政の大枠維持

(VOVWORLD) -タイのプラユット首相が率いる内閣が16日、ワチラロンコン国王の前で宣誓式に臨み、新政権が発足しました。
タイ、5年ぶり民政復帰=新政権発足、軍政の大枠維持 - ảnh 1

2014年5月のクーデター後から続いた軍事政権の最高機関、国家平和秩序評議会(NCPO)が解散し、5年ぶりの民政復帰となりますが、首相をはじめ中枢を担った閣僚は留任し、政権の大枠は維持されます。新政権は下院第2党の親軍政党、国民国家の力党を中心とする19党の連立となります。

閣僚ポストをめぐる各党の駆け引きが長引き、3月24日の総選挙から4カ月近くが経過し、ようやく発足にこぎ着けました。下院(定数500)の議席は与党が254、野党が246と僅差しました。与党に造反があれば内閣不信任案が可決されかねず、綱渡りの政権運営を強いられます。

新政権はプラユット首相のほか、治安担当のプラウィット副首相、アヌポン内相の元陸軍司令官3人が留任。安全保障分野を担う閣僚は軍政時代と同じ顔触れになりました。

ご感想

他の情報