チェコ在住ベトナム人コミュニティへの善意高まる

(VOVWORLD) -チェコの通信社が10日に公表した世論調査研究センターの調査結果によりますと、この間、チェコ人はベトナム人に対し善意を示していることが分かりました。

また、チェコ統計局の最新情報によりますと、2016年末現在、チェコに在住しているベトナム人の数は5万8千人を超えているということです。

2013年以来、チェコ政府は、同国に在住しているベトナム人コミュニティーを自国の少数民族として認めています。チェコのミロシュ・ゼマン大統領は「チェコ社会へのベトナム人の参入過程は大成功だ。チェコの人々は、ベトナム人の勤勉さを高く評価する。」と明らかにしました。また、同大統領は「チェコ在住ベトナム人は、生活の中で我々の手本でもある。それらは、高齢者への尊敬、家庭の伝統や両親への尊重という意識。ベトナム人の父母は子どもの学習に特別に配慮していること。現在、チェコ在住多くのベトナム人の若者たちが医師、実業家、弁護士、経済専門家になっているのがその証である。」と強調しました。


ご感想

他の情報