チョン書記長の訪日、両国関係に新しいビジョン

チョン書記長の訪日、両国関係に新しいビジョン  - ảnh 1
写真提供: Tri Dung

既にお伝えしましたように、日本の安倍首相の招きに応じて、ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長は9月15日から18日にかけて日本公式訪問を行います。これを機にベトナム共産党中央対外委員会のホアン・ビン・クアン委員長は日本の新聞「ジャパン・タイムズ」に「チョン書記長の訪問は越日関係に新しいビジョンをもたらす」と題する記事を寄稿しました。記事の中で、クァン氏は次のような見解を述べました。

「相互信頼、相互理解、共通利益の発揮、協力の効果向上、未来志向。これらは、この数十年間における日越関係の発展の道のりの特徴です。近年、この関係は全面的に大きく深化しています。両国は信頼関係を構築していますが、その関係はかつてないほど良好に発展し、2014年3月から「アジアの平和、繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ」に格上げされました。こうした中、まもなく行われるグエン・フー・チョン書記長の日本訪問は、両国関係の新しい節目となり、新しいビジョンをもたらし、そして、「信頼強化、経済連携、協力拡大、持続可能な発展、未来志向」という方針に従って、両国間の「アジアの平和、繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ」を全面的に強化・深化させるものとなると期待されています」。

ご感想

他の情報