チョン書記長、南中部を訪問

4日、南中部を訪問中のベトナム共産党のグェン・フー・チョン書記長は中部カインホア省ジェンカイン県ジェン・ディン村を訪れ、同村の幹部や住民と会合を行ないました。会合で、チョン書記長は「新農村づくりを進める時、農村部の都市化に視野を入れる必要がある」と述べました。

これより前の3日午後、ベトナム共産党のグェン・フ・チョン書記長は中部フーイエン省の党委員会の代表と会合を行いました。席上、チョン書記長は同省の経済社会発展の成果を高く評価すると共に、次のように語っています。

チョン書記長、南中部を訪問 - ảnh 1
(写真:TTXVN)

(テープ)

「フーイエン省は、さらに発展してゆきたいという渇望を抱えています。これは、適切な目標です。その目標を達成する為に、フーイエン省の状況を客観的に分析、評価し、強みを活かす一方、弱点を克服した上で、現実を直視して、決意を固めなければなりません。例えば、外国投資を誘致する為に、インフラ整備や優遇政策などに配慮する必要があるということです。」

なお、フーイエン省を訪問中、チョン書記長は、ソンホア県ソンハ村を視察した他、ヌイニャン山にある戦没者慰霊塔に線香を手向けました。

ご感想

他の情報