チョン書記長:汚職対策を促進すべき


25日午後、ハノイで、汚職防止対策中央指導委員会は第7回会議を開催し、今年第1四半期における汚職防止対策状況を総括し、第2四半期の計画を討議しました。

チョン書記長:汚職対策を促進すべき - ảnh 1
会議の様子

席上、グエン・フー・チョン共産党書記長は「汚職防止対策活動を促進し、その効果を向上させるために、この活動に携わる機関と幹部、職員は能力と決意を高める必要がある」とし、また、「各地方との情報交換を強化するよう」求めました。

チョン書記長は次のように語りました。

(テープ)

「汚職防止対策に関連するプログラムや、計画、目標の実施をさらに進めなければなりません。これは、各機関の総合的な力を求めます。また、指導委員会は状況を把握し、具体的な措置を指導する必要があります。」

さらに、チョン書記長は、「各レベルの党委員会と行政が、汚職防止対策を促進しながら、良い行いや、良い手本を適時に表彰し、汚職防止対策に関する宣伝啓蒙活動を強化するよう」要請しました。

ご感想

他の情報