チョン氏、トランプ米大統領と会談

(VOVWORLD) -27日昼、主席府で、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席は、第2回米朝首脳会談に臨むためベトナムを訪問中のアメリカのトランプ大統領と会談を行いました。
チョン氏、トランプ米大統領と会談 - ảnh 1         会談の様子

席上、チョン書記長・国家主席は、トランプとアメリカの高級代表団によるベトナム訪問を祝うと共に、アメリカと朝鮮民主主義人民共和国がベトナムを第2回米朝首脳会談の開催地を選んだことを歓迎しました。また、チョン氏は、「ベトナムはそれぞれ国の独立、主権、領土保全、政治体制の尊重という原則に沿う独立、自主、平和、協力、発展、全方位、国際関係の多様化、国際社会への主体的参入という対外路線を一貫して実現している。」と強調すると共に、アメリカとの全面的なパートナーシップの発展を重視するというベトナムの党、国家の外交政策の一貫した主張を改めて示しました。さらに、チョン氏は、「ベトナムは朝鮮半島の非核化と長期的な平和作りに向けた対話プロセスを強く支持する」と明らかにしました。

一方、トランプ大統領は、ベトナムが米朝首脳会談を周到に準備してきたことに感謝すると共に、「アメリカは、ベトナムとの全面的なパートナーシップ、及び、アジア太平洋地域におけるベトナムの役割を重視しており、引き続きベトナムと共に両国間の全面的なパートナーシップを実質的かつ効果的に推進させてゆく」と明らかにしました。また、「アメリカは、インド太平洋地域の平和、安定、協力、発展の維持のため、この地域における積極的な役割を果たす」と強調しました。その際に、トランプ大統領は、チョン党書記長・国家主席に対しアメリカ公式訪問を招待しました。

なお、会談の直後、チョン党書記長・国家主席とトランプ大統領は、総額210億ドル相当の4件の協力文書の調印式に立ち会いました。

ご感想

他の情報