デモ隊と警察、小競り合いも…中国返還22年式典

(VOVWORLD) -1日、香港は中国返還22年を迎えました。

中国への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正案の撤回を求める民主派や学生の抗議活動が続くなか、香港島中心部で開かれた記念式典は、異例の厳戒態勢となりました。会場外では早朝からデモ隊と警察のにらみ合いが続き、小競り合いも起きました。

香港政府トップの林鄭月娥行政長官は記念式典の演説冒頭で、改正案を巡る混乱に触れ、「最近の出来事は住民と政府の対立を生見ました。今後は民意に耳を傾け、より開放的な政府にしていく」と述べました。その上で、香港に「高度な自治」を認めた「一国二制度」について、「成功させるには、異なる意見を持つ者同士が心を一つにして協力していく必要がある」と語り、亀裂修復に努める姿勢を強調しました。

しかし、住民らの反発は根強く、会場周辺の道路を封鎖するなど、当局は厳戒態勢を敷きました。また、会場外で行われた式典前の国旗掲揚は混乱を警戒して、一般観覧席が設けられませんでした。

ご感想

他の情報