テロ対策で2国間協議発足へ 日ベルギー首脳が合意



テロ対策で2国間協議発足へ 日ベルギー首脳が合意 - ảnh 1
(写真:AFP/TTXVN) 

【日本経済新聞】欧州歴訪中の安倍晋三首相は3日昼(日本時間同日夜)、ベルギーのミシェル首相とブリュッセル市内のエグモン宮で会談しました。両氏はテロ対策について2国間で話し合う事務レベル協議を立ち上げ、年内に初会合を開くことで合意しました。

安倍首相は3月にブリュッセルで起きた連続テロ事件を「断固非難する」と強調しました。5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)議長国として「G7(主要7カ国)で力強いメッセージを出し、世界の取り組みをリードしたい」と語りました。

会談に先立ち、安倍首相は連続テロ事件の現場となったブリュッセル市内の地下鉄マルベーク駅を訪れ、献花しました。記者団に「日本はベルギー、欧州とともにある。世界の国々と手を携え、テロの根絶に向けて戦う」と述べました。

安倍首相はミシェル首相との会談後、EU欧州連合のトゥスク大統領やユンケル欧州委員長とも会談しました。

ご感想

他の情報