「テン」民謡と「ティン」琴フェスティバル、始まる

(VOVWORLD) -。「テン」という民謡は北部山岳地帯、中部高原地帯テイグェン地方に住んでいる少数民族のテイ(Tay)族、ヌン(Nung)族、タイ族の代表的な民芸として知られています。
「テン」民謡と「ティン」琴フェスティバル、始まる - ảnh 1

13日夜、北部ハザン省で、文化スポーツ観光省とハザン省人民委員会の連携で第6回「テン」(Then)という民謡と「ティン(Tinh)」という琴のフェスティバルが開幕しました。「テン」という民謡は北部山岳地帯、中部高原地帯テイグェン地方に住んでいる少数民族のテイ(Tay)族、ヌン(Nung)族、タイ族の代表的な民芸として知られています。このフェスティバルは、この独特な民間芸術の紹介、顕彰、保存と発展を目指して行われているものです。

ハーザン省文化スポーツ観光局の局長は次のように明らかにしました。

(テープ) 

「今回のフェスティバルには、14の省の芸術団が参加しています。このイベントが成功裏に開催されるため、ハーザン省は、今年始めから、準備を進めておきました。」

フェスティバルでは、民謡「テン」と琴「ティン」の演奏が行われるほか、この民謡に関する文化遺産の写真展や、これらの少数民族の美術手工芸品の展示会、これらの少数民族の伝統文化を体験するツアー、マラソン大会など様々な活動が開かれています。

なお、「テン」はテイ族の言葉で、「天」という意味で、いわゆる「天」と「地」の天です。この民謡は神様に豊作や幸福などを祈るもので、神様にお願いするための地上から天までの道のりを物語るのです。安定した天候を祈る他に、長生きの長寿、男女の愛、幸運などを祈る内容もあります。

 

ご感想

他の情報