ドイツ、難民収容施設への放火が増加 警察発表

ドイツ、難民収容施設への放火が増加 警察発表 - ảnh 1
写真:WSJ)
 


【 AFP】ドイツ当局は14日、同国に昨年流入した移民・難民を収容する施設への放火が増加し、反移民の暴力に対する懸念が高まっていると明らかにしました。

BKA=ドイツ連邦刑事庁のホルガー・ミュンヒ氏が地元紙に語ったところによりますと、今年に入りすでに45件の放火が発生したということです。

1月末に発表されたBKAの統計によりますと、ドイツが移民・難民に門戸を開き、内戦下のシリアから逃れた人々を中心に110万人が流入した昨年、亡命希望者らを収容する施設への放火は92件発生し、2014年の6件から大幅に増加しました。

ミュンヒ氏は、大規模な極右組織が放火の背後にいるという情報はないとし、大半は現場周辺に住む人物の犯行だと述べました。



ご感想

他の情報