トゥアティエンフエ省、森林保護と発展を促進

(VOVWORLD) -
22日、古都フエ市内で、トゥアティエンフエ省人民委員会は、「ホーチミン主席の恩を思う植樹祭2018」をスタートさせる式典を行いました。
トゥアティエンフエ省、森林保護と発展を促進 - ảnh 1     (写真: moitruong.net.vn)

席上、同省人民委員会のグエン・バン・フゥオン副委員長は、「『ホーチミン主席の恩を思う植樹祭』は省民の伝統文化の美しさの1つであり、省内の植林運動の幕開けである」と明らかにしました。

また、「今後、トゥアティエンフエ省は、自然林の保護と質的向上、植林運動とその質的向上、森林面積の拡大、各工業団地と学校などでの植樹活動などを進めていく」と語りました。その上で、同省農業農村開発部門に対し、「森林保護・管理に関する任務を果たしながら、2016~2020年期の植林目標プログラムの実施を積極的に進めていくよう」指示しました。

式典後、参加者らは、開催現場で、120本の貴重な樹木を植えました。同時に、市内の各県と町でも、植樹活動が行われました。

ご感想

他の情報