ドゥテルテ比大統領が中東訪問 

(VOVWORLD) - フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、イスラエルとヨルダンを公式訪問するため、マニラ国際空港を出発しました。
ドゥテルテ比大統領が中東訪問  - ảnh 1 写真提供:AFP

 5日まで滞在するイスラエルではネタニヤフ首相と会談し、投資や科学分野の協力などを協議する予定です。エルサレムのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念館「ヤド・バシェム」も訪れます。

ドゥテルテ氏は2016年9月、自身をナチス・ドイツの独裁者ヒトラーになぞらえ、ヒトラーがユダヤ人を殺害したように自分は喜んで麻薬中毒者を虐殺すると発言し、その後、陳謝したことがあります。

フィリピン外務省によりますと、同国大統領のイスラエル公式訪問は初めてです。ドゥテルテ氏は出発前の記者会見で「防衛や安全保障面も含め、強固な関係を築きたい」と述べました。ヨルダンには8日まで滞在するとしています。(共同)

ご感想

他の情報