トランプ大統領と英メイ首相が会談 貿易協定など進展なしか

(NHK) アメリカのトランプ大統領は、13日、イギリスのメイ首相との首脳会談を行い、「両国の関係は『特別な関係』の中でも特上だ」と持ち上げましたが、イギリスがEU=ヨーロッパ連合から離脱したあとの貿易協定などで具体的な進展はなかったもようです。

トランプ大統領と英メイ首相が会談 貿易協定など進展なしか - ảnh 1           (写真:AFP/ TTXVN)

イギリスを公式訪問しているトランプ大統領は、2日目となる13日、メイ首相の別荘で、昼食も含めて2時間以上にわたり意見を交わしました。

会談の直前にはトランプ大統領がメイ首相のEUからの離脱方針を批判するインタビューが報じられましたが、トランプ大統領は「新聞がメイ首相を褒めたところを伝えなかった」と記者に批判の矛先を向けたうえで、「イギリスは『特別な関係』の中でも特上の関係を持つ国だ」と持ち上げました。

そのうえでトランプ大統領は「EUの貿易でのアメリカの扱いはひどい。メイ首相がどのような交渉方針を持とうがかまわないが、離脱後、アメリカと貿易ができるような交渉結果を得てもらいたい」と述べ、自由貿易協定の締結に向け、EUの規制からの決別を促しました。

これに対し、メイ首相は「アメリカと貿易をするためには、いくつかのルールで問題があるが、話し合いで解決を目指したい」と課題が残っていることを認め、貿易協定をめぐって具体的な進展はなかったもようです。

一方、トランプ大統領は、来週行われるロシアのプーチン大統領との会談について、「自分はほかの人とは違うので、一緒に時間を過ごせば、よい関係を築けるかもしれない」と述べ、会談の成功に自信を示しました。

         

ご感想

他の情報